続 Fumio Miki - スイス・インターラーケンより・・・

スイス・インターラーケンより・・・ 旧ブログの過去ログはこちらからご覧下さい。 http://sky.ap.teacup.com/miki_swiss/

2011/02

Show Fahren

今週から通常通りベアテンベルグのスキースクールでの仕事です。。。

とは言っても、ベアテンベルグでスキーの仕事するのは、なんと!今シーズン初めてです。素晴らしく遅いシーズンスタートです。。。そして、すぐにシーズン終了・・・?(笑)今年はイースターが4月下旬と遅いので、スキー業界にはあまり大きく関係はしてこないでしょう・・・

ただ、これからあるメーカーのスキーのテストをしたり・・・という話があったりするのでまだまだ滑りますけどね。。。多分、これからも数回はドカッと雪が降ることがあるでしょう・・・このままでは終わりませんよ。(笑)


さて、サン・モリッツでの最後の夜はスキースクール主催のスキー・ショーです。。。

ハイシーズンには、大きいスキースクールでは毎週このようなイベントをやる所が多いです。結構人が集まるんですよね。。。

今まで自分は結構いろいろなスキースクールに出稼ぎ(笑)に行きましたが(それでも5つくらいか・・・)、その中ではベットマー・アルプのスクールのショーは完璧なオーガナイズでスゴイなぁ・・・と思いましたね。1000人以上の人が見に来ていましたから・・・そんな中で滑るのは結構気持ちがいいものですよ。。。

例えば、始まりの部分だけ説明すると・・・ライトの当たらない山のかなり上の方から、スキー教師全員でたいまつ滑走してきてメインの斜面の途中で止まり、あとはDJがスキー教師一人一人を紹介し、紹介された教師は一人ずつスポットライトを浴びながら観客の待つエリアに滑って行く・・・といった感じ。滑る方もかなり気持ちいですが、お客さんの方も、自分の習った教師が一応(?笑)本気で滑っている姿を見れるので興味はかなりあるようです。。。

しかし、真面目一辺倒なのではなく、自分は友達3人と長いDH用の板に3つビンディングのついたデモ用特別板で、タンデムならぬトリデム(?)もしました。練習ではほとんど滑れませんでしたけど(ホントにおっかなくて難しい!(2人と全然違う・・・)しかもTバーリフト・・・死にました。笑)、本番では「本気」というより「死ぬ気」でかなりのスピードで滑りましたね。。。なんたか非常に懐かしいことを思い出しました。。。


ただ、面白さでは規模は小さいながらも全盛期のベアテンベルグ(もう10年くらい経ってしまいます。残念ながら今はやっていませんが。。。)はスイスの中でもトップクラスだといまだに思っています。(笑)
何人かで、スキー板の後ろに大きなロケット花火を取りつけて滑って、飛んで、そのうち一人はさかさまに花火を取りつけていて、滑り終わったらブーツがドロドロに溶けていたり・・・(笑)これは面白いというより、ただのアホ・・・というのかな??かなり盛り上がりましたけど・・・


あとは、自分の所ではないですが、友達がスノーリー(スイスの連盟の子供向けマスコット)の衣装(着ぐるみ)を着て、真っ暗で何も見えない中パラで飛ばされた・・・と、言ってまいたね。。。結構危ないですよ・・・あれ、頭かなりデカくて、しかも視界がかなり狭いですから・・・(笑)



と、いろいろあり過ぎてここではほんの一例しか挙げられませんが・・・


ちょっとサン・モリッツの連中にアイデアを授ければよかったです。。。(笑)


滑るのは男女のデモ・チーム(女子はスイスチャンピオン!)、テレマークチーム、スノーボードのフリースタイル、マウンテンバイク(!)、オフロードバイク・・・等々、一つ一つはまぁまぁ面白いのですが、いかんせん種目と種目の間があき過ぎて、盛り上がった所で一旦テンション下がったり・・・と、ちょっと残念でした。。。あ、でもピステンのデモ(?)は何気に迫力があってカッコ良かったです。デモというか、ただ数台並んで走っているだけでしたけど・・・(笑)


あれだけスキー教師がいるんだから、全員が滑るようにしたらものすごく面白いものができるのに、と思いましたね。
そんな話を参加していない他のスキー教師連中と話していると、みんなそれは感じたようで・・・次回はかなり変ったものになるのではないでしょうか。。。



そして、ショーの後はメインの(?笑)飲みでございます。。。

お客さんはほぼ帰ってしまった中、会場に隣接しているバー、そして外には溢れんばかりのスキー教師一色・・・あらためて大所帯ぶりがわかりました。




なんだか中途半端な感じですが、サン・モリッツ編はこのくらいで終わりにしておきます。

また何か機会があるごとに紹介していくことにいましょう。。。


コルバッチ(前々回載せた写真の山です。)
サン・モリッツのメイン(コルビリア)の谷を挟んで反対側にある山(スキー場)です。
ここも結構面白いスキー場ですよ。

良く考えたら、今回はコルビリアの写真が全く無いです。

メインの場所なので、とにかく人(スキー教師も)が、いっぱいで・・・スキー教師が写真撮りまくってる姿というのはなんとなく変な感じなので、撮れませんでした。(笑)






高級スキーリゾート事情・・・

ヨーロッパには高級スキーリゾートと呼ばれる場所が何カ所かあります。。。
フランスだったらトロワ・バレー中の「クーシュベル」、オーストリアでは「レッヒ」、スイスには「グシュタード」「サン・モリッツ」・・・他にもそれに近いところはいっぱいあるのでしょうが、自分が今すぐに思い浮かぶのは上の4つ、そして他よりも群を抜いているのではないでしょうか。。。

しかし、実際普通に滑りに行っただけでは、街の雰囲気でそれを実感する以外には他のスキー場と変わりはないんですけどね。(笑)あ、物価でも実感するか・・・


自分には全く縁のない所だと思っていたのですが、ここ過去数年でたまたま色々な機会に恵まれ、そういう所で仕事をすることがあったので、今日は過去にここで書いていたことを一挙公開です。(笑)実際はそんなに書いてはいませんでしたけど・・・

「クラン・モンタナ」「ツェルマット」編

「クーシュベル」編  その1
             
             その2

             その3

「サン・モリッツ」編


(コルバッチの山頂部(標高 約3'300m位)からの景色です。無理やり3枚の写真をつなげてみました。ここは上部は氷河の上を滑ります。)


スキースクールに関しては、サン・モリッツのことしかわかりませんが・・・

例えばウェア・・・

ここではもちろんのこと(?)連盟のオフィシャルのウェアではありません。(笑)
サン・モリッツがモンクレール・・・シルバプラナ等のスクールは確かKJUS(チュース)で、あるホテルの出張用にはプラダ・・・等々、マムート上下10万円で「高っ!!」と言っているレベルではないのです。。。(笑)

そう言えば、クーシュベルのスクールもみんな何種類かのウェアを使っていて、ある種類のものはフードにファーが付いているような洒落た(笑)ものを着ていたりしましたね。



あとは・・・

スイス・ジェットという会社と提携していて、プライベートジェットサービスはもちろんなのですが、それよりもヘリコプターを多々利用しているんですよね。プライベートレッスンで・・・(笑)

遊覧飛行はまず普通・・・それよりも、お客さんがどうしても誰もいないゲレンデで滑りたい!と言い出すと(笑)、ヘリコプターで朝一番のゴンドラ、ロープウェイよりも早く山の上へあがって滑り・・・天気が悪い時は、天気のいいどこかのスキー場までヘリで飛んで行って、そこで滑って夕方またヘリで戻ってくる・・・等々、ということが多々あるのです。。。

スイス・ジェットにとってサン・モリッツのスキースクールは本当にパートナーのようです。


プライベートレッスンも、家族で申し込めば、大抵はその家族一人一人にスキー教師を付けるのが普通のようなので、5人家族ならそれだけで5人スキー教師が必要になるということで、これがいくらスキー教師がいても足りないという原因なのです。(笑)

例えば、自分がいた先週はハイシーズンの中のハイシーズンで、普通のスクールなら例えば午前中は全てのイントラがグループレッスン(ちょっと極端ですが)・・・くらいの感じなのですが、40人がクラブメッドのレッスン(これは一応グループ)に出ていた以外は残りの360人はプライベートレッスン。。。通常のグループレッスンというのはほんの3~4グループしかありませんでした。

もちろん料金も他のスクールとは大きく違い、スイスの他のスクールのものを平均するとプライベートレッスン1時間当たり70フラン前後なのですが、サン・モリッツは100フランします。もちろん1時間という設定はなく、最低でも2時間~となりますが・・・

ということは・・・スキー教師の給料も他の所と比べると・・・??

そうなのです・・・聞いてビックリしました。。。(あまり言っちゃいけないんだろうな・・・こういう事って。。。でも、日本にしかわからないからいいか・・・笑。スイスに住んでいる方々、あまりいろんなところで言わないようによろしく!!)

給料が安くてとんでもない!と言われているスクール(自分の所やこの辺りのスクールではないですが・・・笑)で、国家検定を持っている教師の給料とサン・モリッツで初めて働きだした教師のライセンスをまだ全く持っていない人間の給料にあまりというか、ほとんど違いが無いのです。

ということは・・・?? 
今回私、ベアテンベルグでの2週間分を1週間で(そこまではいかないな・・・言いすぎです。。。笑)・・・ということでした。。。




書きたいことが色々とあり過ぎて、上手くまとまらないです。(笑)
読みづらい文になってしまって申し訳ありません。。。


とりあえず、今日はこの辺にしてまた明日ということにしましょう。


手前の黄色い若いの・・・ずっと死んでました。(笑)







Interlaken ! !

ご無沙汰です!!出稼ぎから帰ってきました。。。(笑)
ネット環境があまりにも悪く写真を載せるだけで精いっぱいでしたが・・・今日から復活です!

先週の日曜日から6日間のプライベートレッスンを受け持つ予定だったのですが、1日短くなり今日インターラーケンに戻ってきました。
本当は、仕事の後1日はフリーで滑るか、またはもう1週間サン・モリッツで仕事して・・・などと、サン・モリッツを思いっきり堪能してこようと思っていたのですが、いいタイミング(?)でこっちは冬に逆戻り・・・ベアテンベルグもなんと復活してしまっていたのです!!

すでにサン・モリッツでの仕事1日目にベアテンベルグのスクールから連絡があったのですが、時すでに遅し・・・(笑)

さすがに来週はこっちで仕事をしないと・・・ということで戻ってきました。。。



しかし、サン・モリッツのスクールはあれだけスキー教師がいながらも(400人!)人が足りないと言っていたのは本当でした。。。ちょっと疑っていたところもあったのですが・・・(笑)
プライベートレッスンはかなりの数のキャンセル待ちがありましたから・・・

ただ、人が足りないからといって、いろんなところからスキー教師をかき集めることが出来ない事情があり(シーズン前にサン・モリッツのスクールの事前講習を3日間受けていないとサン・モリッツのスクールでは絶対に働けない、という規則になっているようでした。)、自分が手伝いに行ったのはかなり特別な例外ということでした。
校長と友達(彼も副校長みたいな立場)ともう一人の友達、そしてオフィスのスタッフとその他数名しか事情を知らないということで、ちょっともぐりで仕事をしていたような感じもありました・・・が、はっきり言って最後はみんなわかっていましたけどね。。。(笑)
一応、ウェアはサン・モリッツのものでなく、自分のスクールのウェアを着て仕事をしていたのですが・・・(お客さんには事前に校長から直接事情が説明されているので全く問題はありません。)スクールの事務所を出入りしていたり、スクールのイベントなんかに顔を出していたら、そりゃ変ですよね。(笑)



仕事の方はさておいて・・・(笑)

毎日朝一番で山に上がり、レッスンが始まるまでの1時間ほど誰もいない綺麗に整備されたピステ(1日は新雪!久しぶりでした。。。)をかっ飛んで滑るのは最高でした。。。

それまであれだけガチガチのピステで滑り続けていたので、こんなにコンディションがいいとテンション上がります。。。
この日はなんと気温-21℃!(エンガディン地方では普通!)に加え、常に30~40Km/h以上の強風・・・写真を撮るのにグローブをはずした瞬間に指が凍ります。(笑)


今日はこのくらいにしておいて・・・

これから数日はサン・モリッツでのことを少しずつ書いていこうと思います。。。



これは、行きに通ったJulierpass(ユリエール(と自分は発音してます。ちょっとスイスジャーマン発音かな?)峠)で撮ったもの。約束の時間があったのでかなり急いでいたのですが、すごく綺麗だったのでうまく撮れないことは承知で・・・生を見て欲しかった。。。(笑)








St.Moritz !!











出稼ぎに行ってまいります。。。

以前から常に「働きに来い!」と、サン・モリッツのスキースクールから言われていたことは前にここにも書きましたが・・・

とうとう(?)とりあえず1週間だけ手伝いに行くことにしました。。。

近所のスキースクールに手伝いに行くよりは、ちょっと特殊なスキー場、スクールなので興味はあるのですが、如何せん遠い・・・(笑)
面倒くささもちょっとあったのですが、昨日またまたTELがあり、やっぱりイントラが不足しているようで(400人いてまだ足りないとは・・・!!)、自分には断る理由が全く無い(昨日もフリーで滑っていて、その時にTELがきた。笑)し、また、給料もこっちのスクールで働くよりはもらえるかな?(笑)、ということで・・・

すぐにでも来いということでしたが、暇な自分も(笑)週末はパラの仕事がしっかりあるので、明日仕事が終わってからそのまま出発です。。。

パラの仕事の方は、今の時期はかなり自由に休める状態なので、「明日から1週間、サン・モリッツのスクール行ってくるわ。」「あー!!お前、急にそんなこと・・・・・・・・・・・いいよ。」てな感じです。(笑)


ネットの環境がどうなるのかが全くわからないのですが、出来る限り更新はしたいと思いますので、ちゃんとチェックしていて下さい。。。(笑)出来なかったらスミマセン・・・




みっき~'sラウンジの放送分ファイルが早めに来たので・・・
「みっき~'sラウンジ」2月17日分 ←ここからダウンロードして下さい。




最後に、昨日滑りに行っていた時に撮った写真を載せておきます。。。

もう最近は、今まで以上にいたる所がガチガチのカリカリのピステになってしまっています。この↑の場所はまだましな方ですが・・・
この日だけで、いろいろな場所で4件ほどレスキュー出動する事故を目撃しました。(瞬間ではなく、処置をしていたり・・・という状況を)


カメラの夕日モードというのがあったので試してみたのですが・・・あまりいい感じではありませんでした。。。



滑り終わった後、ちょっとお茶でも・・・と、グリンデルワルドの村で久しぶりにKentaroと海外スキーツアーの会社「F」のさんぽ君と、ある話題について討論していたらもう23時・・・(笑)
この「話題」というのが、なかなか興味深い・・・というか何というか・・・とにかく大笑いもので。。。ここに書いても大丈夫なことか確認して、OKがでたら今度書きます。

非常に不思議なスキーヤーの話です。


帰る間際に駐車場で・・・

冬の満月(じゃなかったかな?今日か・・・?)の夜は、月明かりが雪に反射してホントに明るいです。試しに撮ってみましたが、やっぱりうまく撮れませんでした。









確信犯・・・

昨日の「ベアテンベルグ」はまた今度書くということにして・・・

まずは、みっき~'sラウンジの先週の放送分のファイルから。
「みっき~'sラウンジ」(2月10日放送分) ←ココからダウンロードを



今日は、いつもの早朝ラジオ収録があり、その後も天気があまり良くないのもあって仕事はなさそうな雰囲気だったので、完全にスキーに行くモードに・・・(昨日滑っていて、ちょっと気付いたことがあって、それを試したくてしょうがなかったんですよね。笑)

しかし、もう準備もして家を出る瞬間に会社からTEL・・・ホントに見透かされたかのようなタイミングでした。あと15分早く家を出ていれば、自分で勝手に定めたポイント・オブ・ノーリターンに達していたのですが・・・(笑)



さて、これから書くことは、パラグライダーパイロットとしては基本的にはお勧めできないこと(やってはいけないこと)なので、ホントはこんなところで書いてはいけないとは思ったのですが・・・軽く読み流して下さい。(笑)


天気は曇りで、午後から少しずつテイクオフレベルよりもかなり低い所にガスがかかったり、晴れたり・・・を繰り返すような感じだったのですが、インターラーケン、またその周りは完全にクリアでフライトするのには全く問題ない状態だったのですが、車で山に上がる頃にはガスのレベルがどんどん上がってきて・・・と、かなり心配しながらも、なんとか飛べるチャンスはあるだろう・・・なんて皆で言いながらテイクオフに着いてみると、

見えますか?向こう側。完全に谷全体が雲海に覆われてしまっていました。これはトゥーン(シュピーツか)の方ですが、インターラーケン側も完全に覆われていました。

驚くべき早さでした!!

そして、これまた驚くことに、写真のようにみんなせっせとセットアップです。(笑)もちろん自分も・・・
誰も車で降りることなんて頭にありませんでした。。。

ガス(雲)は薄くはないけれど、厚くはない。ランディングは街中ではなくて、湖の方に決めていた。(雲海に入るまで直線で飛んで行って、雲に入ったらスパイラル・・・で、斜面とは確実に距離が取れていることがか確実)雲を出てからも地上は下りる場所が十分ある。(街の上空ではかなりのリスクがある。)等々、勝手に正当化しようと思えばいくらでも材料は出てくるのですが・・・(笑)


雲中飛行は、長時間、短時間と時間を問わなければ多分誰でも経験はあると思います。サーマルソアリングで雲に吸い込まれて行って・・・というパターンで。。。

しかし、この雲海を通過するというのは、またちょっと違った感覚なんですよね。雲に溺れていくというか・・・

今までも自分は何度かやってしまっていますが、どれも基本的には雲に穴があって、そこを狙って行って、穴が閉じてしまい・・・等々、少ないながらもチャンスがある時に飛んでいるのですが、今日のように、わかっていて完全に突っ込んでいくというのは初めてでした。

大きな声では言えないですけど・・・面白かったです。。。

飛ぶことに対してちょっと気が引けはしましたが、自分の中では(他の連中も)100%どこで自分が雲から出るか・・・とかわかりましたからね。雲に入る直前に、まわりの山の位置などを見て、はっきり飛んでいる場所が地上ではどこになるかはわかります。(実際は多少ずれてましたけど・・・雲、恐ろし!笑)

GPSを持っていれば問題ないんですよね。。。でも、そんなのをタンデムの仕事の時に携帯なんてしていません。(笑)

雲海の上を飛ぶのって気持ちいいんですよね。。。(笑)


自分のカメラではここまでしか撮れませんでした。。。あとは仕事用のカメラでお客さん用に雲に入る直前まで、そして入ってから1枚撮って、そこからスパイラル。。。



カメラの内蔵メモリーが小さいのが非常に残念です。

十分にあれば、写真、ビデオを内蔵メモリーに撮っておいて、後でSDカードにコピーすることができ、そうすれば全ての写真が手元に残るんですけど・・・




えー、今回はパイロットとしては悪い例のレポートでした。。。






ベアテンベルグ

というタイトルで、長々と書いたのですが・・・

またまたやってしまいました・・・プログラム(エクスプローラー)が落ちて全部消えました。。。


かなりショックでございます。。。

立ち直ったらまた書きます。今日はもう気力が・・・(笑)


以前撮った、ニーダーホルンからの景色の写真だけ載せておきます。

トゥーン方面です。






TVで見てると・・・!?

今日はダメでしたね・・・男子スーパー・コンビネーション。。。

シルバン・ツルブリッケン、べアート・フォイツ、2人ともDHではいい位置につけたんですけど・・・(特にべアート。DH2位・・・)

SLでまさか2人してトキるとは・・・(トキとは、コースアウトしたり、コケたり、ポールまたいだり・・・なんかしてゴールしない、「途中棄権」の意味のスキー用語(?)です。・・・知らない人の為に。笑)

自分がたまにTVで見れるとこうなんですよね。。。(笑)

ボーディ・ミラーのSL2旗門目でのバック宙(?)トキが面白かったので動画を探したのですが見つからなかったので、スイスの選手や勝った選手の動画が見れるリンクを貼っておくので気になる方はご覧ください。。。

SF VIDEO PORTAL」←ココから




今日は、午後にのんびりと一本だけフライトしたのですが、久しぶりに少しだけアグレッシブなコンディションで飛びました。
サーマルがアグレッシブという訳ではなく、思っていたよりも強く入っていたフェーンの影響の南寄りの強い風(インターラーケン上空では東寄りになる。)と、バレーウィンドの西風のウィンドシアーにもまれまくっていました。。。(笑)

ホントにズバリのタイミングでテイクオフしてしまったのと、ズバリの場所に飛んで行ってしまいましたね。
(完全に南、東寄りの風だと思い込んでいました。。。トゥーン湖の湖面をちゃんと山に上がる途中で見てなかったのがいけませんでしたね。多分、もうその時には西寄りの風が見えていたはずです。)
あれっ?ちょっとヤバいな・・・と、思ってそこを離れようと思っても、どこを向いても強烈なアゲインストで・・・(笑)



この前載せた「今日のフライト動画」の次の日版(2月12日)を遅くなりましたが載せておきます。
お客さんへのプロモーション用なので、連続して見るとほとんど前のものと同じに見えてきてしまいますが・・・(笑)1~2時間で仕上げているということを考慮したら結構いいのではないでしょうか・・・?  Wicki弟、頑張って作ってます。(笑)







ヒロシ

昨日のスキーWM・・・男子DHでディディエ・クーシュがやりましたね。ようやくメダル獲得です!
そして今日・・・女子DH・・・素晴らしい!!またまた4位です。。。
今日も相変わらずのラジオ観戦。(笑) 「schon wieder vierte・・・」は女子の方の合言葉のようになってます。
男子の方は、明日もスーパーコンビネーションでシルバン・ツルブリッケンがやってくれそうな気がします・・・銀か銅かな??いや、是非世界チャンピオンのタイトルを彼には取ってほしいです。

相変わらずの陽気ですっかり春・・・な感じの週末は、ハイシーズンとまではいかないまでも、この時期にしてはホントに珍しいほどの賑わいで、インターラーケンのメインストリートは「もう春を通り越して夏か・・・??」というくらい人であふれ、レストランのテラスは空席なし・・・と、季節感が全くない、というか狂ってしまいます。。。(笑)

とにかく陽射しが強いですね。
日陰に入るとやっぱりまだまだ冬を感じたりするのですが、テラスに座って陽射しを浴びているともう「暑い」と言ってもいいくらいですからね。
Tシャツ姿の人と冬装備の人が隣どうしで座っている・・・というような不思議な光景をちょくちょく目にします。

そして私・・・2~3日前くらいから、なんだかちょっと目が痒かったりするんですよね。。。
まさかとは思うんですけど・・・花粉、もう飛んでいるのかな??
自分はそんなにひどい花粉症ではないのであまり心配ではないですけど、それでもやっぱりうっとおしいものです。(笑)




さて、話は全く変わり・・・


ずいぶん前に知ったのですが・・・
「ちびまる子」のお父さん・・・ヒロシ。 なんといつの間にか自分より年下になってしまっているんです!!(笑)

数年前に、つけっ放しになっていたTVで眺めていた時は、あまりにもオッサンすぎるよな・・・なんて思っていたんですけど・・・
でも、あれが一般的な40歳のイメージなのかな?というか、自分も若い人らからはあんな風に見えるのかな?なんて考えたり・・・(笑)

しかし、今日たまたまやっているのを見ていたのですが、それを自分で意識しているのかいないのかわからないけれど・・・


なんと!ヒロシが若く見えました。。。


ということは・・・?? 
自分が完全にヒロシを追い越してオッサン化してしまったか??(笑)

何だったんだろう・・・??



こんなくだらないことを考えてしまった日曜日の夜でございました。。。




来週は、週の半ばくらいから天気がようやく下リ坂・・・雪が少しは期待できそうな予報ではあるのですが、多分期待外れに終わるのではないでしょうか。。。

どっちみち、ベアテンベルグはもう終わった感タップリなんですけどね。(笑)

もうすっかりスキーの仕事をするという感じではありません・・・これだけ飛んでいると。。。
サン・モリッツのスキースクールからは「仕事しに来い!」と、相変わらずお誘いはあるんですけど・・・



それでは、今日はこの辺で。。。


今日は動画DAY!!

ですが・・・まずは昨日載せるのを忘れてしまっていた写真を2枚ほど・・・

これは↑一昨日か・・・(笑)

これは↑昨日です。。。

と、こんな感じでフライトの写真をいつも撮っているのですが、オプションで動画を撮ることもあるんですね・・・実は。(写真と動画だとちょっと値段も上がりますので、みんながみんな写真のように買う訳ではありませんが。)
でも、最近は動画も以前よりは欲しがる人が増えてきたように思います。カメラの動画ですが、クオリティーはHDなのでかなりいいですよ。

冬の間は毎週末、ヨーロッパ各地の大学に交換プログラムとしてアメリカから勉強しに来ている学生たちがインターラーケンに来ます。(彼らは毎週末いろんな所に遊びに行っているんですよね。笑)

その学生たちが夜に繰り出すバー(クラブと言っていいのかな?)での宣伝用にそのグループが飛びに来た時はビデオを撮って、すぐに編集して、その晩に放映する・・・という試みをようやく今週から始めることができました。。。企画はずいぶん前からだったんですけど・・・(笑)

かなり短く、簡単なものですが、ちょっと見て頂きましょう。。。


これを見て思ったのですが・・・
パラグライダーだけでなく、スキーでもなんでもこういったビデオ・・・ヨーロッパと日本ではかなり編集に違いがあるなと感じます。
こっちで撮影されたものはワンカット、ワンカットが短いんですよね。。。すごくテンポよく、その時の雰囲気、BGMなどに合わせてカット(シーン)が変っていきます。
日本の場合はワンシーンを長くじっくり見せる・・・というような傾向があると思います。どっちがいいのかは人それぞれの好みなんでしょうけど、自分はヨーロッパタイプのものが好きですね。。。あ、でもテクニックなんかをじっくり見たい時は日本タイプか・・・
これってたまたま自分が見てきたものがそうだっただけなのか・・・??皆さんはどう思います?そして、どっちが好みでしょう?


かなり話題は飛びますが・・・一応ビデオの話からつながるということで・・・


今はドイツのガルミッシュでアルペンスキーの世界選手権が行われていますね。。。
スイスは今のところメダルが取れていません。。。4位ばっかりです。まぁ、4位だって十分と言えば十分ですけどね。(笑)

仕事続きでテレビでは見れていないのですが、タイミングがいい時は、山に上がるバスの中でラジオでスイスの選手が滑っているのを放送しているのを聴いています。
ラジオでスキーレースの中継ですよ!日本では信じられないですよね。。。ホントに忙しそうに中継しています。(笑)こっちは全くどんな滑りしているのかわからないですけど・・・(笑)
今日もドミニック・ギジンが惜しくも4位になってしまったんですけど、彼女がゴールした時に自分が「あー、また4位かよ・・・」と漏らしていたら、隣の男は「お前!4位だってすごいぜ。俺だったら大喜びだ・・・」と。。。まぁ、そうかもしれないけど・・・(笑)
メダルがあるのとないのでは大きいですよね。。。多分。でも、4位と5位なら気にならないかな??(笑)

と、話はそれましたが、もう一つの動画はドミニック・ギジンではなく・・・前回の世界選手権では彗星のように現れ2種目で銀メダルを取った、まだ若干20歳(だよな?)のスイス女子ナショナルチームの期待の星、ララ・グートのクラッシュシーンを・・・これ、ゴールしてたらメダル取れてたんじゃないかな?ホントもうちょっとだったんだけどな・・・


それでは、今日はこの辺で。。。





プロフィール

Fumio Miki

スイス(ヨーロッパ)にて、日本人初のパラグライダー プロタンデムパイロットとなる。レース競技のほうもスイス国内リーグで飛び続ける。 スキー教師としても活動。スイス在住22年目。。。

ギャラリー
  • 日本に着いて最初に・・・?
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • 残念なお知らせ・・・
  • 雪も降っていますが・・・
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ