続 Fumio Miki - スイス・インターラーケンより・・・

スイス・インターラーケンより・・・ 旧ブログの過去ログはこちらからご覧下さい。 http://sky.ap.teacup.com/miki_swiss/

2007/09

夕日

秋はいいですね。朝晩は適度に涼しく(時々かなり寒いけれど・・・)、日中はスカッと爽やかで(晴れたときだけです。笑)、本当にすごしやすい、自分の好きな季節です。

まぁ、実際は冬になればなったで「好きな季節」だと言い出すだろうし、春も夏も同じこと・・・結局一年中好きな季節になってしまいます。。。(笑)


さて、この時期になると・・・

夕方の日の傾きも早くなり、また、冷え込みも早くなってくるので、夏のタイムスケジュールの17時30分にインターラーケンを出発するフライトは基本的にはもう終わりです。
山の上に18時に着くと、風は大抵フォローでテイクオフがかなり難しくなってくるからです。


しかし、時々どうしてもその日しか時間が無かったり・・・など様々な理由で、その時間に飛ぶことがあります。(ただし、しっかりと走れそうな人だけですが・・・)


テイクオフは常に時間との戦い(急がないとフォローが本当に強くなってくることがあるので。もちろん、風がすごくいいときもあります。)なのですが、飛んでしまえば非常に綺麗なサンセットフライトです。

お客さんと共に自分も一生懸命に写真撮影です。。。(笑)



Fly with Me・・・

気がついたら一週間ぶりの更新になっていました。。。

9月に入り、ずっといい天気が続いていたのですが、ここ3日は久しぶりに天気がくずれ、しかもかなり冷え込み、標高1600m位まで雪が降りました。

今日の朝、外を見てみると山は真っ白・・・
まだちょっと早すぎます。もうしばらくは秋の爽やかな天気を楽しみたいものです。



さて、先月からパラワールドでの連載が始まり、昨日は2回目の原稿の締め切りでした。
簡単に引き受けましたが、短い文でいいとはいえ、なかなか書くことに困るものです。

文章が下手なのはしょうがないとして、書き始めると書きたいことが山ほど出てきてテーマを絞って簡潔にわかりやすく、しかも面白く書く・・・というのが、これほど難しいとは思いませんでした。(全く面白い文章は書けてないですけどね。笑)

書いているうちに字数が多くなりすぎて、まぁこんなもんでいいかな??という感じです。
2ページくらいあれば結構書けるのですが・・・(笑)あったらあったで今度は書くことが無くなって困ることになるのでしょう。。。

日本でパラをやっている人たちが、スイスのどんなことを知りたがっているのか・・・??なんてことも知りたいです。

とりあえずはしばらく続くでしょうから、みなさん我慢してでも必ず読むように!!(笑)





今日はもう一つ。




ずいぶん前にいろんな広告の中に、あるクラブの広告が入っていました。
ボーディングパスをモチーフにした、なかなか面白いものだったのですが、よくよく見てみると違った意味で面白いものでした。

空関係、またアジアをイメージした、イベントの案内だったのですが・・・


「Fly with Me」の下の日本語訳を見てみると・・・
  
    ↓





「・・・・????」である。
これは、日本語訳なのか? それとも「Fly with Me」は全く関係ないのか? 
ちょっと悩みます。。。

まぁ、多分、「Fly」を「ハエ」と訳したりすればこんな感じにならなくもないかな・・・???なんて考えたりもしましたが・・・(笑)


ずいぶん前から、ヨーロッパでは漢字などをいろいろな物のデザインに使っているのをかなり多く見かけるようになりましたが、メチャクチャなものが結構あり、かなり笑えます。
これからもできたら写真にとって載せていってみたいですね。










遠足


一昨日、昨日と社員旅行(?)に行ってきました。。。

例年だと10月半ばに行うのですが、今年はまだ暖かいうちに何か水物のスポーツをしよう、ということで一ヶ月ほど早くなりました。

当初の予定ではOutdoor(グループ会社)のやっているキャニオニングの一番ハードなやつをやろう、というはずだったのですが・・・

結局、カヤック(2人乗りのファンヤック)で川を下ることになりました。



初日は夕方集合して、グシュタード(正確には手前の村のザーネン)にある、この地域のアウトドアスポーツのベースとなっているホテルでゆっくり・・・

そういうホテルだから、大したことのない普通のホテルかと思いきや、外観からは想像もつかないくらい綺麗で、別に値段の高いインテリアを使っているわけではないのですが、なかなかセンスがよく、自分のツボに結構はまったのでした。



(機会があればまた泊ってみたいと思うようなホテルでした。が、スキーに行くにはちょっとスキー場から離れているような気が・・・)


ホテルにチェックインしたのが18時頃、食事をみんなで20時にしようと決まったとたんに「時間が無い!」(笑)と、みんなでプール、サウナに直行・・・15分後には全員泳いでいました。。。このメンバーでのんびり何かをするというのは不可能のようだ。
でも、プール、サウナではのんびりしてましてけど・・・(笑)


その後、食事をして1時頃までホテルで飲んだりしていたのですが、物足りない何人かでグシュタードの村にくりだしました。

平日の夜中1時・・・どこに遅くまでやっているバーがあるかよくわからないままに村のメインストリートをさまよう。
ひっそりとした高級ブティックの並ぶ(グシュタードはスイスでも指折りの高級リゾートの一つ、自分の中ではサン・モリッツに次ぐ高級リゾートだと思っている。。。)通りを歩いていても全く開いている様子のあるバーなんか無い・・・当たり前か・・・

時々横道の奥にある灯りにつられ「あそこにあるじゃん!」といって見ると花屋だったり・・・を繰り返し、最後はようやく見つけた地元の若者に聞いて、一軒だけ開いている所を聞き出し行ってみましたが、閉店直前でなんとか1,2杯だけ飲むことができました。。。




そして、次の日はメインイベント。

天気は良かったけれど、朝外に出ると寒い・・・川の水は・・・ちょっとブルーな気分。。。

しかも、川の一部は短い区間だけれどグレード4だという。。。
(1~5までグレードがあって、5なんかはとてもじゃないけれど素人が行ったら大変なことになってしまう(はっきり言って死ぬでしょう(笑))ような感じ、普通は3までで十分素人なら楽しめる範囲というか、十分ハードで、4はお客さんを連れてラフティングなどはあまりしない難易度。ですよね多分。ガイドじゃないので詳しいことはわかりません。)

インターラーケンのリュッチネンで8年ほど前、3ほどのところを一人乗りのカヤックで下って沈して死にそうな思いをしている自分は更にブルーに・・・



そして、いよいよスタート。

自分の相棒は今回カヤック初めてのど素人。自分もど素人。一回は川に投げ出されることをここですでに覚悟しました。(笑) 他は結構経験者やスペシャリストがいたりするのに前夜のくじ引きでなんとも悲惨な組み合わせになってしまいました。。。


30分くらい簡単なところをのんびりと下り、いよいよ難関のグレード4の始まる場所へ行く前の、ちょっとだけテクニカルな場所で自分達は早くも沈・・・ウォームアップです。(笑)
わかっていても、あの沈する直前の感覚は非常に嫌なもので、「ヤバイ!」と思った次の瞬間には冷たい水の中。強い流れの中では自分の思った通りには体が動かず、普通はちょっとパニくるものです。でも、昨日あれだけプールで泳いでいたのがよかったのかサポートがいっぱいいるので安心しているのか、今回は落ち着いていました。それでも水は死ぬほど冷たかったですが・・・

みんなに笑われながら引き上げられ、今度は本当の難関。

岸から見れる場所なので、全員でインスペクション。ルートの確認です。
このとき自分はまた沈することを120%確信しました。どう考えても沈しないで行くことは不可能です。(笑)ちょっとハードすぎます。。。

ザーネンSと呼ばれるこの場所は、みんなで一緒に行くのではなく、一艘ずつ下り、区間に3人くらいレスキューのザイルをもったサポートを交代でみんなで行いながら下りました。

最初の組がスタート。
早速沈。。。 嫌な感じです。(笑)

できることならやりたくなかったのですが(笑)、相棒はなぜかやる気マンマン、モチベーションありすぎで、「Miki、次行くぞ!」ときた。。。沈するとわかっていて、しかも、あの激流にもまれることになることが120%わかっているのに行かなければならない・・・なんとも言えない気持ちです。 

相棒はさっきのルート確認や川の流れなんかは全く見ていなかったので、一応「最初の落ち込みだけは右を通るぞ。後は・・・俺もよくわからない・・・その時次第。」とパーフェクトな打ち合わせをしてスタート。。。

最初の落ち込みのところですでに左へ・・・(笑)
(何がいけないのか自分でもよくわからない。一応自分なりにコントロールしているつもりなのだが・・・)
滝つぼのようになったところでスタックしてしまい、なんとかしようともがいていましたが、相棒が水の中に消えていきました。そしてバランスが崩れ自分も水の中へ・・・
今回はさすがにレスキューザイルを投げてもらい助けられました。。。これだけサポートがいれば安心ですね。(笑)

でも、もう寒くてブルブルでした。


そんなこんなで何とか無事終了。生きて戻ってこれました。。。(笑)

2時間弱のトリップでした。

終わってみるとなんだかうまくいかなかったことが悔しくて、ちょっと練習したいなぁ・・・なんて思ったりもしています。。。


来年は何をやるのかなぁ・・・

クライミングツアーをしようという話になっていますが・・・どうなるかは全くわかりません。
もう水はいいや・・・という気分ですが。。。
























「あれっ、もしかして・・・??」

今日の最後のフライトはシーニゲ・プラッテから。

お客さんと一緒にヴィルダースヴィルの駅で電車を待っていると・・・

「あれっ、もしかしてこの前テレビに出ていた、パラグライダーをやっている方ですか?」と、声をかけられた。。。

チューリッヒに住んでいるという夫婦は、2回目の放送をJSTV(衛星国際放送)でたまたま深夜に見たようでした。
つい「よくあんなマイナーな(失礼!!)番組見ましたね。」と、NHKには失礼なことを口走ってしまいました。。。

が、結構見ている人はいるものなのだなぁ・・・と、ちょっとビックリ。



番組ネタでもう一つ。


番組製作会社の方からメールが来ました。

以前に地球アゴラに出演した人で、母と娘(4歳)で世界一周の旅をしているという親子がいるらしいのですが、今週半ばにインターラーケンに来るらしいのです。

もし、会うことができたら、3ショットの写真でも撮っておいて欲しいということ。

また、できたら母親の方が飛んでみたいということなのですが・・・天気がちょっと・・・といった感じです。


しかも、自分達は(火)の夜~(水)の午後まで社員旅行(?笑)でグシュタードのホテルでのんびり+次の日にカヤックで川下り。とインターラーケンにいません。

予定を聞いてみると、(木)もまだいるようなので、もしかしたら会えるかもしれませんね。
それよりも、連絡は来るのだろうか・・・??

むこうは番組のほうから自分の連絡先を聞いているようなのですが、自分は全く何も知らないので・・・(笑)


ディジェリドゥ

昨日、うちの会社のパイロット主催(?)で、「End of Season Party」をしました。

これは、今までにありそうでなかった試みで(ちょっと大げさ・・・)、インターラーケンの全ての会社のタンデムパイロットで集まってみんなで騒ごう!!という趣旨のものでした。

確かにそれぞれ個人的にはよく知っている連中ばかりですが、会社単位となると一同に会することというのは全く無かったことなので、ちょっと新鮮な集まりとなりました。。。(笑)
もちろん、その友達やソロのパイロットなども集まり、総勢何名だったのでしょうか・・・???よくわかりません。。。


山奥のログハウスを借り、その中ですごく面白いパラのビデオを見たり(このビデオはかなり面白いです。はっきり言ってクラッシュ集と言ってもいいでしょう。手に入ったら皆さんに教えます。笑えるし、痛いし・・・パラをやっている人は必見のビデオです。)、シーズン中の話・・・話題はつきませんでした。。。

また、本職並みのDJもちゃんといて(ブルーノ・アーノルド)、下手なクラブなんかは相手にならないくらいいい選曲、サウンドでみんな楽しみました。

また、マティアス・ローテンがディジェリドゥ(オーストラリアのアボリジニの民族楽器)を持ってきていて、ベースの効いたクラブサウンドにあわせて吹いていたのですが、これがまた最高で、ちょっとはまりそうです。。。(笑)
ガンガンな曲にもかなり合うものなんだなぁと初めて知りました。

ディジェリドゥの音に慣れてくると、ただ低音ガンガンだけでは物足りなくなってしまいます。


次の日は仕事があるので、早めに切り上げたつもりでしたが結局3時・・・(まだまだ終わっていませんでした。)
久しぶりにかなり飲んだのでヘロヘロで、帰路の自転車をこぐのもつらいつらい。そして、今日の仕事もつらいの何の・・・(笑)

他の会社の連中もあまり体調はすぐれない様子でした・・・(こんなんで飛んでいていいのだろうか・・・??)

それでも彼らは午後からの仕事のようでしたが、こっちは朝の9時から18時まで飛びっぱなし・・・明日はちょっとゆっくりしたいけれど、すでに予約で一杯です。。。


季節はずれ・・・


ちょっと前に、インターラーケンでものすごい雹が降ったことを書いたと思います。

その時に、この辺りにある木の葉も雹にやられボロボロになってしまい、マイ昼寝場所の木陰もすっかり直射日光ガンガンになってしまっていたのでした。(笑)

このまま秋がきたらちゃんと紅葉するのか、それともそのまますぐに散ってしまうのか・・・なんて考えていたら・・・




全ての木ではないですが、ある種の木は(詳しくは全くわからないのですが・・・)最近になってまた新しい葉が出てきてしまいました・・・


(この写真の木だけではなく、他の種類の古い木からも出ていました。)

もうしばらくすると紅葉の時期ですが、この葉たちはちゃんと紅葉するのでしょうか・・・??

それともすごく季節はずれの時期に紅葉するのでしょうか??


今の時期に再び木陰を作ってくれなくても、今はとても快適に昼寝はできているんだけど・・・(笑)


JAPAN VS SCHWEIZ

今日は久々に真剣にサッカー観戦。。。

[[pict:flag1]]vs[[pict:flag6]]の試合でした。
コンチネンタル・カップ(??)とかいう名目ですが、実際は来年行われるヨーロッパ選手権(こっちではワールドカップと同じくらい盛り上がる)の為のテストマッチといったものでした。

スイス、オーストリアの共同開催となる来年の大会は、両国は開催国と言う事で予選免除・・・そのかわりに(?)行われています。(スイス、オーストリア、チリ、日本の4カ国でリーグ戦を戦っています。)

ヨーロッパ選手権の予選のほうはかなり白熱。強豪といわれるどの国もはっきり言って簡単には本選には出てこれないくらいの厳しい戦いが続いています。



さて、今日の試合は・・・

本当はどこか外で飲みながら見ようか・・・なんて思っていましたが、みんなの前で日本が負けるのを見るのが嫌だったので(非常にネガティブ・・・笑)家でテレビ観戦。

前半に0-2でリードされた時点で、「やっぱりいつも通りだ・・・」なんてガッカリしていたのですが、後半なんだかんだで逆転してしまい、4-3で勝ってしまいました・・・!! こんなことなら、みんなの前で大喜びしてやればよかった・・・なんてちょっと後悔しました。(笑)


勝ったことは勝ったけれど、なんとなくすっきりしなかったですね。
相変わらず決定力が全く無い!! (4点取ったけれど、そのうち2点はPK。)

決定的なチャンスに思いっきり枠をはずす日本らしい攻撃(ただでさえ決定的な形に持っていけることが少ないのに・・・)、常に点を取られてしまうのではないかとドキドキしてしまう守備、相変わらずパスのスピードがかなり遅い、等々・・・ワールドカップでどうのこうの言うのにはまだまだ足りないものがいっぱいです。。。

やっぱり日本人のいい選手(といわれる選手)は、どんどん海外のチームに行ってプレーしていなければダメだと感じました。いくら代表に入って国際マッチを経験しても、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガ・・・等の最高峰のリーグで世界のトップクラスの選手達とシーズンを戦うという経験にはとてもじゃないけれど及ばないでしょう。(スイスでさえも代表選手はほとんど外国でプレーしています。)

オシム監督の考えていることはよくわからないですが、自分の素人考えだと海外でプレーしている選手をもっと召集したほうがチームのレベルは上がるような気がします。
いくら日本で活躍して目だっていても、それは所詮日本人相手だから・・・といった気がします。もちろんそうじゃない選手もいっぱいいるのだろうけど。

うまい選手はどんどん海外でもまれうまくなっていく、そして、国内に残された選手はそれを目指してうまくなれば海外で・・・と、夢は広がり国内のリーグも熱くなり寂しくなってしまうということが全く無く、そして日本代表チームは全員が海外でプレーする、本当のドリームチームのようになる。 代表チームが集まったときは普段全く見れないハイレベル選手達が一緒にプレーするのを見れるということで注目度ももっと高くなり面白くなる。 
素人Mikiの筋書きです。。。(笑) 本当はもっと細かく、そしてまだまだ続くのですが今日はこの辺でやめておきます・・・

国内で一生懸命頑張っているからというだけで代表に・・・なんていうのはダメでしょう。。。もちろんそういう選手も何人かいなければいけないとは思いますが。

とにかく結果を求められるのですから・・・
監督という仕事はかなり大変な仕事ですね。


以上、自分の夢+たわごとでした。。。(笑)

失礼いたしました。何も知らないのに・・・
(あ、でも一応、小、中、高、大(ちょっと)とサッカーらしいことはしていたような気が・・・笑)







どっちが本物??

今日の昼頃、会社のデスクの向かいの駐車エリアに見かけない車が止まっていた・・・が、非常に見慣れたロゴステッカーが大きく張ってある。。。

オーストリアのパラのスクールやアドベンチャースポーツなどをやっている会社の車だったのだが、その見慣れたロゴを見てみると・・・

なんと!!!!





うちの会社のロゴを「ここまでやるか・・・!」というくらいパクッていた・・・(笑)






本物はこっちです!!↓ 間違わないように。。。
 


うちのパイロットの一人がそこの人間とどこかで一回会ったことがあるようで、みんなで昼食を食べながら、ロゴの話なんかもしていると・・・

本人はパクッたことを認めていたのですが、うちの会社のロゴがこれだったということは知らなかったらしく、ニュージーランドに行ったときに見たある会社のロゴをパクッたという。。。

ということはニュージーランドにもパクリのロゴの会社がもう一つあるということになる。(笑)

ニュージーランドに行ったことのある連中はいっぱいいるし、そこでタンデムの仕事をしていた(る)連中もここには結構いるのですが、そんな話は一回も聞いたことがないので、なんだか怪しいのですが・・・(笑) 

誰か見たことありますか???


そんなにパクりたくなるようなロゴなのだろうか? うちの会社のロゴは・・・

まぁ、悪くはないと思うんだけれど。(笑)





といった笑い話でした。。。









初雪・・・!?

今日、何気に自分の過去ログをところどころ読み返してみた。

たかだか2年弱だが、今まで日記というものを書いたことがなかった自分としては、このブログが日記のようで、読み返しているとなかなか面白い。

なんとなく、以前の方がテーマはバラエティに富んでいたような気がして、これからはもっと身近なことも書いていこうか・・・なんて考えてしまいましたが、何と言っても面倒くさがり屋の自分としてはどこまでこのブログを書いていけるか自体がちょっとした問題だったりもするのですが・・・(笑)



今日はいきなりとてつもなく寒い一日でした。
昼間は日が差してくるとTシャツでちょうどいいくらいの陽気なのですが(昼食時、レストランのテラスで直射日光を浴びていると暑くてたまらず、パラソルを開かないとどうしようもないくらいでした。)、上空は一日中寒くてほとんど冬装備でフライトした一日でした。

寒暖が激しすぎて、体がどうにかなってしまいそうでした。。。



そういえば、昨日は標高2000mあたりまで雪が降りました。
とうとう初雪??です。(本当に初雪と言ってもいいのでしょうか??)

なんだか最近まで雪が降っていたような気がするのですが・・・





昨日、Google Earthで、インターラーケンチェックをしていました。(笑)
ということで・・・今日、ちょっと街を上空から撮影。

うちの場所がわかりますか??
(失礼!うちわネタです。。。)
 





 
最後にもう一枚。

今日は空気が澄んでいてとても綺麗でした。。。


風、強いですね・・・

ここのところ毎日、天気はいいのですが、風の強い日が続いています。。。

いきなり強い風が入ってくる場合、みんなちょっとは警戒するのですが・・・
朝からある程度強い風が入っている中フライトを続けていると、徐々に風が強くなってきても、「まだ前のフライトの時とあまり変っていない・・・」(笑)などと言う事になり、なんだかんだで飛んでしまうことがよく(?)あるのです。。。
(本当は気をつけなければならないのですが・・・)


昨日もそうでした。。。

3時頃のフライトで、すでに湖上には白波が少し立つほどの風だったのでしたが、問題なく飛べてしまいました。

そして、次のフライトで山に上がったとき、更に風は強くなっていたのですが、まだいける・・・!!ということでテイクオフ。

しかし、湖上に出て行くと白波ガンガン、カイトサーフィンいい感じで楽しそう、ヨットもかなり傾きながらセーリング・・・と、とんでもない風になっていた。。。

強いだけならいいのですが、どこをとんでもひどい荒れ方・・・
写真をなかなか撮れずに困ってしまい、最後は潰れてもいいや!くらいの勢いでグラングランに揺れながら、なんとか写真を撮っていました。。。(笑)

結局、公園にもLehnにもランディングせず、風の一番弱そうなところに全員でランディング。

そして、そんな中、「次、一人だけ予約が入っているけど、誰か飛ぶか??」ときた。「おいおい!!」である。(笑)

さすがに誰も飛ばなかったが・・・


時々起こるこんな状況、(以前にも何回かこんなことを書いていますね。)

雨や前線などという、明らかにフライトができないような状況が目で見てわかれば判断は簡単なのですが、風の微妙な強さの変化というのは限界に近いところでは判断が非常に難しいことがあります。

その為にチーム全員で状況の判断をしたりするのですが、
一応、飛べる範囲ではなるべく飛んであげたい。(自分達の生活もかかっている。(オーバーですが。))などという気持ちがあるといつの間にか限界値が上がってしまっていたりすることがあります。

また逆に、結構簡単にキャンセルになってしまうこともあるのですが・・・(笑)


ちゃんとかなり細かい判断基準なんかを会社では作っていて、それをみんな知っているのですが、微妙な状況で最後は感覚的な判断にゆだねられるとなると・・・いつも全く同じ、というのはなかなか難しいものなのかもしれません。。。



プロフィール

Fumio Miki

スイス(ヨーロッパ)にて、日本人初のパラグライダー プロタンデムパイロットとなる。レース競技のほうもスイス国内リーグで飛び続ける。 スキー教師としても活動。スイス在住22年目。。。

ギャラリー
  • 日本に着いて最初に・・・?
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • ちゃんと生きてます。。。
  • 残念なお知らせ・・・
  • 雪も降っていますが・・・
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ