この前、グリンデルワルドの日本人の集い(?)に行ってきました。その一週間前にも一回・・・と、自分が夏のハイシーズンにグリンデルワルドのそういった集まりに参加するのは非常に珍しい事で、久しぶりに一気に大量の(失礼!)グリンデルワルドに住む日本人の方々に会うことが出来ました。

グリンデルワルドに住んでいるとは言っても、そのほとんどが夏の時期だけということで、通年を通してグリンデルワルドに住んでいる人たちはもちろん良く知っているのですが、シーズンだけの人たちはほとんどが何シーズンもグリンデルワルドに来ているらしいのですが、「初めまして」状態です。(笑)


夏のシーズンは本当に多くの日本人がグリンデルワルドを拠点に仕事をしているようです。全員集まったら、この倍は確実にいるでしょう・・・多分。。。


今回の目的は、自分よりもさらに長くグリンデルワルドに住んでいる大御所(?笑)の子が(自分よりもかなり若いですけど・・・笑)そろそろ子供が生まれるということで、そのお祝いというか何というか・・・ベイビーシャワー(をする?って使うのかなこの言葉・・・??)ということで集まりました。(知ってますか?自分は初めて聞きました。。。なんだか英語圏のほうではやるようですが・・・よくわかりませんが。笑)


そして、パラグライダーをかなり昔からやっている人なら見たことがあるであろう、今となっては幻の(笑)NHK教育テレビの「パラグライダー講座」(こんなんがあったんですよ!大昔には。。。)でダンプさんと一緒にアシスタントとして出演していた近藤謙二さんがたまたまですがいまして、話をする事ができました。(そのたまたまの説明はなしです。笑)

今はもちろん国際山岳ガイドとしての活躍が有名ですよね。様々なメディアで見た事がある人は多いと思います。が、今はすっかり近藤さんからはパラグライダーのパの字も出てこないですね。(笑)

あまりじっくりという訳にはいきませんでしたが、昔の日本のパラグライダー業界、業界人のことなど、かなり懐かしい話ができて面白かったです。

一つ不思議だったのは、別にグリンデルワルドに住んでいるわけでもない近藤さんが、まるで住んでいるかのごとくグリンデルワルドの日本人住人をほぼ全員に近いほど知っているということでした。。。近くのインターラーケンにいる自分なんかよりもすっかい住民のようでした。(笑)

まぁ、自分ははっきり言って日本人とあまり接点のないところで働いていますからしょうがないですね。


話していて思ったのですが、日本のパラグライダー界は若い人材が育ちにくいんだぁ・・・と感じました。いろいろな要素があるんでしょうけど。
昔にパラグライダーの世界で活躍していた人達が、いまだに中心になって頑張っているような状態のようですから・・・あまり大きな世代交代っていうものがないようですね。
もっともっと若い連中が出てこないとパラグライダー界は盛り上がらないです。頑張れ若者!!(笑)


その一方、例えば「山」関係でいうと(これしか例えられないんですけど・・・笑)、グリンデルワルドにシーズンでいる人たち、又は他の地域(ツェルマット等)にいる日本人の多くが「山」にはまってますね。(笑)
スイスという場所柄そして、彼らの仕事柄なんでしょうけど、みんな山が大好き、登山、クライミング大好き人間の集まりです。山ブームです。
(自分は、クライミングは少々・・・ですが、登山はあまり興味無いんですよね。(笑)チャンスがあれば登りたい山はいろいろとありますけど・・・)

その中の何人かのブログなんかを見させてもらいましたが、かなりいろいろなことにチャレンジしていたり、そのリンクからさらにたどっていくと・・・いるわいるわ・・・若い世代がアクティブにやっています。

近くにそういう人がいっぱいいると、やっぱり環境ですね、お互いに刺激しあいどんどん次のステップへ(いろいろな意味で)・・・と、なっていきやすいですよね。



もちろん、パラグライダーはちょっと特殊だとは思うので、今や日本でも大ブームの「山」と同じように比べるのにはちょっと無理があるのは確かなのですが・・・

もし、自分と同じような環境にある日本人が一人でもこの近くにいたら、もしかしたら自分ももうちょっと変わっていたのかもしれないぁ・・・と、思ったりしたのでした。(変わるという表現はちょっと違うような気がしますが・・・なんとなくそんな感じのニュアンス、ということで濁しておきます。笑)

同じ環境にあるスイス人は山ほどいますが(笑)、やっぱり同じ日本人というだけでちょっと違うような気がします。

どうなんでしょうね??


あ、そういえば・・・「スキー」に関しては・・・??
でも、今はまだ夏だから、スキーについてはいいでしょう。。。(笑)
いろいろと考えるところはあるんですけど、また機会があったら書くことにします。




例のごとく、書いているうちになんとなく最初に書こうと思っていた事から話がずれてしまっているような気がするのですが・・・(笑)とりあえず、今回はここまでにしておきます。。。