天気が良くても気温はそれほど上がらず、とても過ごしやすい今日この頃です。。。
(最高気温で27~28℃くらいかな??)
このまま30℃を超える天気はこないまま秋をむかえてしまいそうな感じがします。



今年は「暑い!!」という日が本当に少なかったですね。

しかも、明日の午後くらいからは週末の日曜日くらいまでまたまたなんだかスッキリしない天気が続きそうで・・・
なんだか今シーズンはこんなことを何度も何度も書いているような気がします。(笑)

すっかり今年のテーマになってしまっていますね。。。でも、本当に今年はおかしな夏です。



それを思うと、7月に来た日本からのパラグライダーのツアーグループの皆さんはピンポイントとは言わないまでも、いいタイミングで来ましたね。

ホントにラッキーだったと思います。


この写真は、そのイーストジャパン・パラグライダースクールのツアーに同行した時に行ったレストランの写真です。

「アルプモルゲッテン」という、アルプ  (“アルプス”という言葉には長い歴史がある。ラテン語の“アルペス”(Alpes)という単語は紀元前1世紀に生まれた。“アルペス”(Alpes)が“アルブス”(albus、白という意味)から派生したという説と、“al”または“ar”は“標高の高いところにある場所”という意味で“山の牧草地”から派生したという説がある。現在使われている“アルプ”(Alp、ドイツ語とロマンシュ語)や“アルプ/アルペ”(alpe、フランス語とイタリア語)も山の牧草地を意味する。←どこかから勝手に抜粋です。。。(笑)自分は山の牧草地という意味だと思っていました。。。)  にあるレストランに行ってきました。

観光地とは全く言えない所にあり、そのアルプからは下界は全く見ることは出来ず、360°山のみ、そこに行くまでの道のりも結構なもので(メインの道路(ジンメンタールの辺り)から車で40~50分は山を登る)、そこを見つけて放牧などを始めたこのレストランの先祖はスゴイなぁ・・・と思いましたね。なんでこんなところにまでわざわざ・・・と。。。(笑)ホントにかなりの秘境ですから。

でも、かなりいい感じです!! (スミマセン、言葉が乏しすぎますね。。。もっと説明したいのですが・・・笑)

是非一度・・・と言いたいところですが、なかなか行けないと思います。

多分、日本人であそこに足を踏み入れたのは、パラグライダーで来た人たちだけだと思います。普通の人はまず行っていないでしょう。

自分も今回で2回目でしたし、プライベートでこようとはなかなか思えません。が、今回来て、いつかまた来ようと誓ったのでした。。。(笑)





あ、タイトルのことを書くのを忘れていました。。。

以前書いたテレビ放映の件ですが、

8月15日になったようです。
BS1で22:00~22:50です。あらかじめ言っておきますが、自分の映るのは本当に短い時間だと思いますので。。。

国際放送でもやるようなので(時間は上記の時間とは違うと思います。多分深夜でしょう・・・)、JSTVが映る方は夜起きていられたら観てください。(笑)

詳細はここを・・・